国訴と百姓一揆の研究

藪田貫 著

[目次]

  • 前篇 国訴の研究(国訴の再検討-支配国と地域経済
  • 国訴の構造
  • 国訴の負担と村
  • 国訴と郡中議定)
  • 後篇 百姓一揆の研究(得物・鳴物・打物
  • 百姓一揆と得物
  • 百姓一揆の構造-国訴とかかわって
  • 「竹槍蓆旗」論-自由民権期の百姓一揆観
  • 近代化と国訴・百姓一揆-近代成立期の民衆運動と地域社会・国家)
  • 付論 地域史研究の立場

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章-本書の課題と方法 / p11
  • 前篇 国訴の研究
  • 第一章 国訴の再検討-支配国と地域経済 / p34
  • はじめに / p34
  • 第一節 国訴概念について / p37
  • 第二節 国訴と支配国 / p47
  • 第三節 国訴の国内的要因と地域的契機 / p52
  • おわりに / p59
  • 第二章 国訴の構造 / p60
  • はじめに / p60
  • 第一節 国訴の展開-広域性をめぐって / p64
  • 1 文政六年国訴の惣代 / p64
  • 2 国訴における二つの組織原理 / p67
  • 3 国訴の組織構造 / p70
  • 4 和泉の国訴 / p79
  • 第二節 国訴の構造-惣代制の検討 / p83
  • 1 惣代制の形態と論理 / p85
  • 2 頼み証文の分析 / p87
  • 3 国訴惣代制の特質 / p90
  • おわりに / p99
  • 第三章 国訴の負担と村 / p101
  • はじめに / p101
  • 第一節 国訴の経費と負担 / p102
  • 1 安永六~七年の訴願 / p102
  • 2 天明八年の訴願 / p104
  • 3 寛政六年の訴願 / p106
  • 4 文化二年の菜種訴願 / p108
  • 5 文政六年の綿および七年の菜種・油訴願 / p109
  • 6 天保九年の油訴願 / p112
  • 7 嘉永七~安政二年の訴願 / p113
  • 8 元治二(慶応元)年の訴願 / p113
  • 第二節 国訴の構造と負担 / p115
  • 1 国訴の組織とと郡中の関係 / p116
  • 2 惣代制と負担 / p118
  • 3 泉州の国訴 / p120
  • 第三節 負担と村 / p124
  • 1 経費の割賦方法について / p124
  • 2 割賦方法の意義 / p129
  • 3 負担の検討 / p130
  • おわりに / p134
  • 第四章 国訴と郡中議定 / p136
  • はじめに / p136
  • 第一節 国訴の展開と郡中議定 / p138
  • 第二節 郡中議定の性格 / p149
  • 1 郡中議定の成立 / p149
  • 2 郡中議定の性格 / p154
  • おわりに / p162
  • 後篇 百姓一揆の研究
  • 第一章 得物・鳴物・打物 / p166
  • はじめに / p166
  • 第一節 得物 / p168
  • 第二節 鳴物・打物 / p174
  • むすびにかえて-指物 / p178
  • 第二章 百姓一揆と得物 / p183
  • はじめに / p183
  • 第一節 百姓一揆と得物 / p185
  • 第二節 得物の成立 / p190
  • 第三節 得物から竹槍へ / p202
  • むすびにかえて-再び得物へ / p211
  • 第三章 百姓一揆の構造-国訴とかかわって / p215
  • はじめに / p215
  • 第一節 一揆における直接行動と惣代制 / p219
  • 第二節 惣代制と委任関係 / p230
  • 第三節 代議制的形態と直接行動の分岐 / p241
  • おわりに-近代への展開 / p255
  • 第四章「竹槍蓆旗」論-自由民権期の百姓一揆観 / p262
  • はじめに / p262
  • 第一節「竹槍蓆旗」論の展開 / p264
  • 第二節 新政反対一揆の構造 / p272
  • むすびにかえて-「竹槍蓆旗」論の歴史的意味 / p291
  • 終章 近代化と国訴・百姓一揆-近代成立期の民衆運動と地域社会・国家 / p297
  • はじめに / p297
  • 第一節 国訴と郡中議定(補論) / p298
  • 1 勧化・廻在者と村 / p299
  • 2 頭組織と村-非人と職人 / p301
  • 3 株仲間・座と村 / p302
  • 4 奉公人・日雇と村 / p302
  • 第二節 近世後期の郡中議定-在地法秩序の形成とその比較 / p306
  • 1 大和 / p306
  • 2 播州 / p307
  • 3 出羽村山郡 / p308
  • 4 関東 / p309
  • 第三節 国訴・郡中議定と国家 / p312
  • 1 第二類型について / p314
  • 2 第一類型について / p318
  • 第四節 民衆運動と国家 / p323
  • おわりに-近代への展望 / p329
  • 1 内からの変革と外からの解体 / p329
  • 2 成熟した政治社会と委任関係の積み上げ / p332
  • 3 最下単位としての町村 / p336
  • 付論 地域史研究の立場 / p341
  • あとがき / p363
  • 索引 / p378

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国訴と百姓一揆の研究
著作者等 藪田 貫
書名ヨミ コクソ ト ヒャクショウ イッキ ノ ケンキュウ
書名別名 Kokuso to hyakusho ikki no kenkyu
出版元 校倉書房
刊行年月 1992.5
版表示 新版
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 4751721704
NCID BB2126654X
BN07807280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92047396
22728887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想