須恵器窯跡の分布と変遷

中村浩 著

古墳時代から奈良・平安時代にいたる須恵器窯跡の全国的分布と変遷をたどり、さらに関連遺跡の検討によって工人集団の実態にまで迫る。また全国の須恵器窯跡一覧をかかげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第一章 須恵器窯跡の研究史(抄)
  • 第2章 須恵器窯跡の分布
  • 第3章 須恵器窯跡の構造と変遷
  • 第4章 関連遺跡・遺構の調査
  • 全国の須恵器窯跡(抄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 須恵器窯跡の分布と変遷
著作者等 中村 浩
書名ヨミ スエキ カマアト ノ ブンプ ト ヘンセン
書名別名 Sueki kamato no bunpu to hensen
シリーズ名 考古学選書 36
出版元 雄山閣
刊行年月 1992.5
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4639010974
NCID BN07805897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92047386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想