地球が熱くなる

ジョン・グリビン 著 ; 山越幸江 訳

二酸化炭素やフロンなどの、温室効果ガスを大気中に放出し続けること-それは、地球環境にどんな激変をもたらすか、地球環境そのものを用いて巨大実験を行なっていることなのだ。実験の結果が出てからでは遅い。現在、地球の平均気温はかつてなかった速度で上昇しているのだ。我々人類は、いま何をしなければならないのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 温暖化はいま進行している
  • 第2章 温室効果とガイア
  • 第3章 氷期と二酸化炭素
  • 第4章 後氷期
  • 第5章 自然の炭素サイクルと人為的炭素サイクル
  • 第6章 大きすぎてうんざりする
  • 第7章 すべては海にあり
  • 第8章 来世紀の洪水
  • 第9章 温室化する地球
  • 第10章 何をなすべきか
  • 補遺 フロン、オゾン、温室効果
  • 追記 1991年とそれ以降

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球が熱くなる
著作者等 Gribbin, John
山越 幸江
グリビン ジョン
書名ヨミ チキュウ ガ アツク ナル
書名別名 Hothouse earth

人為的温室効果の脅威
出版元 地人書館
刊行年月 1992.6
ページ数 412p
大きさ 20cm
ISBN 4805204117
NCID BN07805081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93020354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想