企業成長と企業理論

山田保 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • I 企業理論と成長理論 / p3
  • I 資本と支配の分離 / p3
  • 1 大規模企業の支配関係 / p3
  • 2 わが国における資本と支配の分離 / p7
  • 3 資本と支配の分離に対する見解 / p8
  • 4 制度としての企業の経済理論の建設 / p10
  • 2 経営目標 / p12
  • 1 経営方針 / p12
  • 2 経営目標と経営者 / p17
  • 3 経営目標としての企業の成長 / p19
  • 3 企業の成長と安定 / p24
  • 1 企業成長の計数的把握 / p24
  • 2 企業の安定性 / p30
  • 3 企業の収益性 / p33
  • 4 企業を指導する三つの原理 / p37
  • 5 企業成長と利益の変質 / p39
  • II 企業成長と投資理論 / p43
  • 1 企業成長のための投資理論 / p43
  • 1 企業成長と資本の価値増殖 / p43
  • 2 プロゼクト投資計画 / p44
  • 2 資本予算 / p46
  • 1 資本予算の意義 / p46
  • 2 資本需要の決定 / p47
  • 3 資本(資金)供給 / p49
  • 4 資本配分 / p50
  • 5 近代経済学における自己資本利益率極大化の意味 / p55
  • 3 投資計画の優位順位決定の原理 / p57
  • 1 投資計画の順位決定の緒手法 / p57
  • 2 現金割引法以前の手法 / p59
  • 3 現金割引法による二つの手法 -資本利益率法か純現価法か- / p62
  • 4 ライト氏の見解 / p69
  • 5 純現価法 / p73
  • 4 キャピタル・コスト / p78
  • 1 キャピタル・コストの重要性 / p78
  • 2 収益株価率説(収益利回説) / p80
  • 3 配当株価率税(配当利回説) / p87
  • 4 キャピタル・コストと資本構成 / p92
  • 5 企業観とキャピタル・コスト / p94
  • 6 経営者的立場に立つキャピタル・コスト / p97
  • III 企業成長と費用理論 / p103
  • 1 企業成長のための費用理論 / p103
  • 1 費用理論の変遷 / p103
  • 2 企業成長のための費用理論展開の必要性 / p105
  • 2 限界原理と平均原理 / p107
  • 1 平均原理の提唱 / p107
  • 2 平均原理におけるマーク・アップ / p108
  • 3 適正利潤 / p111
  • 4 限界原理は出資者的か / p115
  • 5 限界原理は短期的か / p118
  • 6 平均原理と限界原理との一致 / p122
  • 7 売上高極大化原理 / p125
  • 3 費用要素と費用形態 / p128
  • 1 ドイツ経営費用論と米英価格論の接近 / p128
  • 2 総費用曲線の理論 / p130
  • 3 総費用直線の理論 / p132
  • 4 グーテンベルグの経営規模の理論 / p134
  • 5 逓減・逓増的形態の生じる原因 / p136
  • 6 実証的研究に対する理論的説明 / p141
  • 7 費用理論と与件 / p143
  • 4 技術革新と生産規模の理論 / p145
  • 1 規模の理論の重要性 / p145
  • 2 最適規模 / p147
  • 3 最有利規模 / p149
  • 4 需要の変化と生産規模 / p153
  • 5 技術革新と適性規模の変化 / p158
  • 6 企業成長と最適規模 / p159
  • 5 寡占と競争(長期的考察) -産業新秩序の要請- / p163
  • 1 寡占における競争の制限と適当競争 / p163
  • 2 競争の制限 / p165
  • 3 適当競争 / p168
  • 4 産業新秩序の要請 / p175
  • IV 企業成長と経営成果 / p179
  • 1 利益と成果 / p179
  • 1 企業の社会的使命 / p179
  • 2 企業の諸集団 / p181
  • 3 経営成果としての留保利益と付加価値批判 / p184
  • 4 真の経営成果 / p187
  • 5 経営学と経営成果 / p197
  • 2 企業成長の理論と企業維持の理論 -藻利重隆教授の総資本付加価値率の極大化説批判- / p199
  • 1 経営学の社会的価値と企業の営利原則の変質 / p199
  • 2 総資本付加価値率の極大化批判 / p201
  • 3 企業成長と企業維持 / p207
  • V 成長と経営経済学のイデー / p211
  • 1 ドイツ経営経済学のイデー / p211
  • 2 アメリカ経営学のイデー / p214
  • 3 経営経済学のイデー / p220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 企業成長と企業理論
著作者等 山田 保
書名ヨミ キギョウ セイチョウ ト キギョウ リロン
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1964
ページ数 226p
大きさ 22cm
NCID BN07804533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64002065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想