日本エコロジズムの系譜 : 安藤昌益から江渡狄嶺まで

西村俊一 著

[目次]

  • 第1章 安藤昌益の生涯と思想-日本エコロジズムの源流
  • (安藤昌益の再発見
  • 安藤昌益の生涯
  • 安藤昌益の思想)
  • 第2章 日本の近代化と自然の思想-天皇制国家原理の矛盾(天皇制国家の形成と農本思想
  • 足尾鉱毒事件と田中正造
  • 農本思想の類型と軌跡)
  • 第3章 昭和の農本主義とその行動-国家独占資本主義とエコロジズム(農業官僚の農本主義
  • 農村恐慌と農本主義
  • 自力更生運動と農本主義
  • 軍部の路線と二.二六事件)
  • 第4章 昭和の農民自治主義とその軌跡-人間の自立と国際連帯を希うエコロジズム(大正新教育運動とその旗手
  • 農民自治会の農民運動
  • 昌益の思想の再生と受容)
  • 第5章 農村教師たちの模索と実践-その歴史的経験から何を学ぶべきか
  • (大西伍一氏へのインタヴュー
  • 村山ひでさんからの手紙)
  • 補論(日本の地域社会の歴史と現状-沖縄についてのケース・スタディ
  • 「経済大国日本」の生態と問題-日本の教育と教育研究の荒廃)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本エコロジズムの系譜 : 安藤昌益から江渡狄嶺まで
著作者等 西村 俊一
書名ヨミ ニホン エコロジズム ノ ケイフ
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1992.6
ページ数 272, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4540920324
NCID BN07802152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92055088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想