吉備地方史の研究

藤井駿 著

[目次]

  • 目次
  • 吉備氏と吉備津神社
  • 古代の吉備文化圏と出雲文化圏 / 3
  • 吉備津神社の歴史 / 11
  • 加夜国造の系譜と賀陽氏 / 22
  • 吉備津神社の御煤払の神事 / 52
  • 吉備津神社の釜殿と釜鳴神事の起源--大吉備津彦命の鬼退治の神話について-- / 58
  • 吉備津神社の釜鳴神事と鋳物師の座 / 66
  • 鎌倉時代の吉備津神社の社殿について--特に『とはずがたり』の記事および重源との関係-- / 80
  • 吉備団子の系譜 / 88
  • 吉備津神社の門前町--遊里としての備中の宮内町-- / 94
  • 曽我兄弟と王藤内 / 99
  • 荘園と中世豪族
  • 古代史上の吉備の児島 / 111
  • 備前南部の諸荘園 / 128
  • 殿下渡領の備前国鹿田荘 / 141
  • 額安寺領の備前国金岡荘 / 150
  • 備前国の通生荘と下津井港 / 165
  • 地名「岡山」の起源--その初見の史料を中心に-- / 175
  • 児島高徳の一党たる今木・大富両氏について--高徳の実在論の一考察-- / 181
  • 中世の牛窓港 / 196
  • 備中の国衙について / 214
  • 三聖寺と備中国小坂荘 / 236
  • 備中国穴斗郷の歴史 / 254
  • 備中守護の細川氏について / 267
  • 北条早雲と備中国荏原荘--早雲の生国についての一考察-- / 294
  • 古代・中世の美作 / 331
  • 美作国の布施荘について / 351
  • 美作国の富美杣について / 356
  • 岡山県美作町より出土の銭貨について / 364
  • 中世の宗教と芸能
  • 備前国における俊乗房重源の遺跡 / 377
  • 俊乗房重源遺蹟の研究--備中新山寺と備前吉備津宮常行堂-- / 393
  • 備前国金山寺文書(重要文化財)について / 404
  • 真如院の阿弥陀如来--宝治二年の造像銘を中心に-- / 414
  • 倉敷の安養寺について / 418
  • 一遍上人の備作地方布教について / 424
  • 中世における地方の芸能について--とくに山陽地方の場合-- / 439
  • 近世の人物像と歴史
  • 宇喜多秀家の人間像 / 469
  • 岡山城下町の素描 / 475
  • 備前の児島酒 / 482
  • 安原因繁と石見銀山 / 486
  • 池田忠雄の墓から出た水銀 / 498
  • 享保六年の備中国大洪水について / 502
  • 先覚者としての古川古松軒 / 515
  • 頼山陽の一書簡--沼本彦右衛門尉の墓碑に関して-- / 529
  • 桂園派と藤井高尚 / 533
  • 平田篤胤と藤井高尚 / 539
  • 藤井高尚の「松の屋」について / 546
  • 尊攘の志士藤井高雅(大藤幽叟)とその叔父・緒方洪庵 / 551
  • 萩原広道と藤井高雅(大藤幽叟) / 564
  • 倉敷浅尾騒動の一側面 / 569
  • 備中吹屋の吉岡銅山 / 584
  • あとがき
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 吉備地方史の研究
著作者等 藤井 駿
書名ヨミ キビ チホウシ ノ ケンキュウ
出版元 法蔵館
刊行年月 1971
ページ数 591p 図
大きさ 22cm
NCID BN0778714X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73005170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想