鏡花万華鏡

生島遼一 著

金沢に生れた鏡花は、母や町内の娘から草双紙の絵解きや口碑伝説を聞いて育ち、十歳で母を失った。その作品では、郷里の自然は他界に変容し、女性は超自然的な美の理想、深い中心に昇華している。鏡花は犬と雷をこわがり、怪異や幽霊の存在を信じていた。シュールな作家なのだ。著者は特に晩年、鏡花を熟読し、その面白さを折にふれて書き伝えた。単行本未収録、遺稿を含む、そのすべてを収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鏡花のこと
  • 「薄紅梅」
  • 人と作品
  • 母恋し夕山桜峰の松(鏡花)
  • 「夫人利生記」と「釈迦八相倭文庫」
  • 鏡花耽読
  • 鏡花余滴
  • 芍薬の歌
  • 『番町夜講』-鏡花の短篇小説
  • 鏡花と能楽
  • 冬夏有雪
  • 鏡花の河童
  • 「白鷺」
  • 「星女郎」
  • 「小春の狐」
  • 鏡花とメリメ
  • 鏡花・万華鏡
  • 鏡花掌篇
  • 鏡花と弁天さま
  • 鏡花の「談話」
  • 鏡花の本
  • 阿修羅と美女
  • 鏡花雑談-一フランス文学者の見た鏡花
  • 異才鏡花

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡花万華鏡
著作者等 生島 遼一
書名ヨミ キョウカ マンゲキョウ
書名別名 Kyoka mangekyo
シリーズ名 筑摩叢書 365
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.6
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4480013652
NCID BN07778058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92060656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想