境界の思考

鈴村和成 著

アフリカへ去ったランボー、エジプトを追われたジャベス、都市から砂漠へ、砂漠から都市へ、移動しつづける詩人の痕跡を"南方志向"の詩人・批評家が追う。アルジェリア出身の異貌の哲学者、ジャック・デリダの解読を踏まえ近代から現代にわたる1世紀のフランス詩のプリズムから異邦人たちの幻影がたち現われる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 境界の思考
  • 2 パサージュ
  • 3 そして足跡について…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界の思考
著作者等 鈴村 和成
書名ヨミ キョウカイ ノ シコウ
書名別名 ジャベス・デリダ・ランボー
シリーズ名 ポイエーシス叢書 13
出版元 未来社
刊行年月 1992.5
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 4624932137
NCID BN07774239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92051216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想