平安京音の宇宙

中川真 著

祭りの音、寺院の鐘の音、文学に描かれた音…。いま、初めて語られる京都の音、日本の音風景。響きの環境文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時の風景
  • 1 コスモスの音(平安京・音のコスモス
  • 制度としての耳『源氏物語』
  • 聴きとられる空間『枕草子』
  • 鬼の声・都市の闇『今昔物語』)
  • 2 カオスの音(都市民のざわめき
  • 利休が聴いた音
  • 躍る人々、バサラの熱狂
  • 異文化としての「都」)
  • 3 音のポリティクス(音と権力
  • 近代を先駆する音
  • 紙背の音空間
  • 「町」の日常と祭礼)
  • 4 外からのフィードバック(祇園囃子のなかのアジア
  • 王宮<音>都市論
  • サウンド・アートの実験)
  • 空間の風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安京音の宇宙
著作者等 中川 真
書名ヨミ ヘイアンキョウ オト ノ ウチュウ
出版元 平凡社
刊行年月 1992.6
ページ数 387p
大きさ 20cm
ISBN 4582219616
NCID BN07772266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92057763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想