経済体制と第三有効需要

有田稔 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 哲学
  • 第一章 経済学方法論 / p3
  • 第二章 歴史観 / p12
  • 第二編 経済原理
  • 第三章 需要 / p33
  • 第四章 供給 / p46
  • 第五章 価格 / p56
  • 第六章 生産 / p71
  • 第七章 「マルクス・利潤率低下法則」批判とローザ理論」の再検討 / p89
  • 第八章 第三有効需要論 / p150
  • 第九章 「ケインズ投資・所得乗数理論」批判-第三有効需要の必要性についての傍証- / p184
  • 第十章 「ケインズ貯蓄・投資理論」批判-期間分析の必要性についての傍証- / p219
  • 第十一章 恐慌論 / p228
  • 第十二章 分配所得 / p263
  • 第三編 経済体制
  • 第十三章 資本主義経済の運動 / p275
  • 第十四章 資本主義経済体制批判 / p282
  • 第十五章 現代資本主義問題 / p303
  • 第十六章 社会主義経済体制批判 / p307
  • 第十七章 ソヴィエト社会主義 / p326
  • 第十八章 現代資本主義 / p340
  • 第十九章 官僚論 / p399
  • 第二十章 結論 / p424
  • あとがき / p441
  • 付・等比数列(級数)の総和の公式 / p443
  • 事項・人名索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済体制と第三有効需要
著作者等 有田 稔
書名ヨミ ケイザイ タイセイ ト ダイ 3 ユウコウ ジュヨウ
出版元 税務経理協会
刊行年月 1966
ページ数 458p
大きさ 22cm
NCID BN07765941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66006638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想