経済学史の方法論

住谷悦治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 緒論 経済史と経済学史-学史の理解 / 3
  • 第一章 マルキシズムの世界観-弁証法的唯物論 / 13
  • 第一節 はしがき / 13
  • 第二節 唯物論 / 15
  • 第三節 弁証法 / 23
  • 第四節 弁証法的唯物論の特質 / 31
  • 第五節 唯物史観 / 40
  • 第二章 唯物史観と経済学史-経済学史の方法論 / 48
  • 第一節 経済学史の発展的理解 / 48
  • 第二節 経済学理論の歴史的・発展的理解 / 68
  • 第三章 経済学史の本質および任務 / 84
  • 第一節 唯物史観における経済学説の特殊的地位 / 84
  • 第二節 経済学説の階級性・歴史性 / 91
  • 第三節 資本主義社会の止揚と経済学史の終焉 / 102
  • 第四節 経済学史と経済学者の個人的生涯 / 105
  • 参考書目 / 114

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学史の方法論
著作者等 住谷 悦治
書名ヨミ ケイザイガクシ ノ ホウホウロン
書名別名 Keizaigakushi no hohoron
出版元 北鴎社
刊行年月 1949
ページ数 118p
大きさ 22cm
NCID BN07760347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49012502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想