忠誠と反逆 : 転形期日本の精神史的位相

丸山真男 著

開国と国家建設をめぐる激動の時期に、自我と自我を超えた歴史的現実との対立・相剋を描いた「忠誠と反逆」をはじめ、これまで入手困難であった、幕末から明治初期を扱う思想史の諸論稿を集成。近世を対象にした『日本政治思想史研究』に続く、幕末・維新の思想史。「歴史意識の『古層』」ほか、を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 忠誠と反逆
  • 幕末における視座の変革-佐久間象山の場合
  • 開国
  • 近代日本思想史における国家理性の問題
  • 日本思想史における問答体の系譜-中江兆民『三酔人経論問答』の位置づけ
  • 福沢・岡倉・内村-西欧化と知識人
  • 歴史意識の「古層」
  • 思想史の考え方について-類型・範囲・対象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忠誠と反逆 : 転形期日本の精神史的位相
著作者等 丸山 真男
書名ヨミ チュウセイ ト ハンギャク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.6
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 4480855637
NCID BN07757091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92059861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想