中世大学都市への旅

横尾壮英 著

12世紀のヨーロッパ。ラテン語や法学、医学などを志す人々が都市に集い、共に暮らし学ぶところから大学が始まった。教師の給料から学生の日常生活まで、いきいきと再現する学問の社会史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大学への道
  • 2 カルチエ・ラタン
  • 3 寝ぐら
  • 4 他国者ギルド
  • 5 大学の金庫
  • 6 大学の裏方たち
  • 7 学長
  • 8 年期-資格への旅
  • 9引越し-大学の旅
  • 10 お墨付き-ローマへの旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世大学都市への旅
著作者等 横尾 壮英
書名ヨミ チュウセイ ダイガク トシ エノ タビ
書名別名 Chusei daigaku toshi eno tabi
シリーズ名 朝日選書 453
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1992.6
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 4022595531
NCID BN07754650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想