産業社会学入門

マリア・ハーツォウィツ 著 ; 泉輝孝 訳

本書は、産業社会学の古典から現代までの幅広い研究業績に学ぶ、ユニークな入門書である。産業の発展が社会生活に及ぼすさまざまな矛盾、対立などの構造的諸問題を領域別にとりあげ、諸説を対比させながら産業社会学への理解をすすめていく。ピーター・クック氏による周到な文献案内を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 産業と社会
  • 第2章 人間と技術
  • 第3章 産業における小集団
  • 第4章 仕事への動機づけ
  • 第5章 監督の社会学-職長
  • 第6章 管理体制主義(マネジェリアリズム)
  • 第7章 変わる労働階級のイメージ
  • 第8章 労働組合主義の社会学
  • 第9章 労働紛争
  • 第10章 産業民主主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産業社会学入門
著作者等 Hirszowicz, Maria
泉 輝孝
ハーツォウィツ マリア
書名ヨミ サンギョウ シャカイガク ニュウモン
書名別名 Industrial sociology. 2nd ed

Sangyo shakaigaku nyumon
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1992.6
ページ数 416p
大きさ 22cm
ISBN 4623022048
NCID BN07752473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想