プラトン入門

R.S.ブラック 著 ; 内山勝利 訳

イギリスの古典学者・哲学者ブラックがプラトンの生涯をたどり、各著作の中心問題を概説、巻末にプラトンの「第七書簡」を付す。研究者を志す人びとの手引きとしての水準を保ちつつ、「ギリシア哲学に関心を持つ人びとすべて」に向けて書かれた、定評ある入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若きプラトン
  • アカデメイアの設立・第一回ディオニュシオス二世訪問
  • 三回目のシケリア島訪問
  • 晩年
  • 初期対話篇
  • イデア論の起源
  • 「饗宴」「パイドン」「国家」「パイドロス」
  • 「パルメニデス」以降の後期著作
  • プラトン「第七書簡」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラトン入門
著作者等 Bluck, R. S.
Bluck, Richard Stanley
内山 勝利
Bluck R.S.
ブラック R.S.
書名ヨミ プラトン ニュウモン
書名別名 Plato's life and thought

Puraton nyumon
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.6
ページ数 339, 11p
大きさ 15cm
ISBN 4003367812
NCID BN07742902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054390
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想