EC統合・欧州連合入門

藤原豊司, 田中俊郎 著

飛躍する欧州共同体(EC)の政治・経済と、欧州連合(EU)に向かうヨーロッパ再編成の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 飛躍期を迎える欧州統合-ECから欧州連合(EU)へ
  • 第1章 EC統合の歩み-仏・独・英協調と対立の40年
  • 第2章 ECの政策決定過程-強化される民主的統制
  • 第3章 ECの拡大-EFTA、東欧、旧ソ連との関係
  • 第4章 ブロック化進む世界経済-高まる保護主義の危険
  • 第5章 改革迫られる共通農業政策-薄れる戦略的意味合い
  • 第6章 CAPとウルグアイ・ランド-農業保護か自由貿易か
  • 第7章 EC統一通貨は実現へ-ドイツはマルクを放棄するか
  • 第8章 欧州連合に向け画期的な一歩-マーストリヒト条約の意味
  • 第9章 労使関係にも一定の網-日本の長時間労働に圧力
  • 第10章 日欧自動車紛争に一応の決着-必要な政治的判断
  • 第11章 ECのアキレス腱-ハイテク面で際立つ焦り
  • 第12章 総合化する対日関係-利益至上主義脱却を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EC統合・欧州連合入門
著作者等 田中 俊郎
藤原 豊司
書名ヨミ イーシー トウゴウ オウシュウ レンゴウ ニュウモン
シリーズ名 基本ゼミナール
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1992.6
ページ数 220, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4492084533
NCID BN07737094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92046141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想