現代日本の金融分析

堀内昭義, 吉野直行 編

金融システムの構造と動態。80年代以降急激な変化を遂げたわが国の金融に経済分析の光を当てる試み。不完全情報下での金融の諸問題をはじめて検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • メインバンクと情報の理論
  • 企業の資本構成とメインバンク
  • 企業グループ結束度の分析
  • 設備投資とメインバンク
  • 工業化と銀行の期間変換機能
  • 銀行業における範囲の経済性
  • 金融・保険業の労働市場と賃金
  • 機関投資家の株式投資行動
  • 金融仲介における公的部門の役割
  • ノンバンクの機能と金融政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の金融分析
著作者等 吉野 直行
堀内 昭義
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ キンユウ ブンセキ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1992.6
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 4130401246
NCID BN07734992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想