柳田国男-「固有信仰」の世界

川田稔 著

氏神信仰こそ国民的共同意識を支えている基礎であり、日本人の心性・倫理観を規定している日本固有の信仰であると考えるに至った柳田の思考過程を綿密に検証し、やがて国家神道批判、天皇象徴化の方向へと連関してゆく柳田の氏神信仰論の意義を思想史的に究明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 柳田国男における「心意現象」の問題(心意現象論の位置
  • 心意現象と信仰
  • 信仰・倫理・社会-柳田とデュルケーム)
  • 第2章 柳田国男の固有信仰像(神観念の問題
  • 儀礼の問題
  • 氏神信仰と国家神道
  • 柳田国男における山人の問題について
  • 柳田国男におけるハレ・ケ・ケガレ)
  • 第3章 柳田国男の神話論(氏神信仰における神話
  • 神観の原像)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男-「固有信仰」の世界
著作者等 川田 稔
書名ヨミ ヤナギタ クニオ コユウ シンコウ ノ セカイ
書名別名 Yanagita kunio koyu shinko no sekai
出版元 未来社
刊行年月 1992.5
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 4624200624
NCID BN0773429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92044994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想