教科書の社会史 : 明治維新から敗戦まで

中村紀久二 著

「ジェンナーがわが子に最初の牛痘接種実験をした」、この有名なエピソードは国定教科書が広めた誤解だった-。長く教科書研究の第一線にある著者が、明治維新から敗戦直後の「墨ぬり教科書」まで、日本近代の初等教科書にまつわる様々な事実を紹介し、問題点を指摘する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸時代の初等教育
  • 近代教育の揺籃期
  • 教育勅語体制下の教科書
  • 国定教科書の時代
  • 教科書教材の時代相
  • 敗戦と「墨ぬり」教科書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教科書の社会史 : 明治維新から敗戦まで
著作者等 中村 紀久二
書名ヨミ キョウカショ ノ シャカイシ
書名別名 Kyokasho no shakaishi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.6
版表示 第2刷
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4004302331
NCID BA66842475
BN07726564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想