先端技術と日本経済

三橋規宏 著

半導体やロボットなどの先端技術群は、日本の製造業を世界最強に育て、世界経済に占める日本の地位を確固たるものにした。一方、近年では日米間の技術摩擦や人手不足・高齢化、地球環境問題など、新たな課題が出現してきた。それらに対応する技術開発は可能なのだろうか。内外の激しい経済環境の変動の中での、日本の近未来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 90年代技術の新潮流
  • 第2章 製造現場に見る強さの秘密
  • 第3章 激化する日米技術摩擦
  • 第4章 期待される新技術群
  • 第5章 ポスト「戦後経済」のビジョン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 先端技術と日本経済
著作者等 三橋 規宏
書名ヨミ センタン ギジュツ ト ニホン ケイザイ
書名別名 Sentan gijutsu to nihon keizai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.6
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 4004302323
NCID BN07726429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92054578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想