文明とアレルギー病 : 杉花粉症と日本人

井上栄 著

杉は日本固有の木であり、最も有用な木として、日本人の暮らしに役立ってきた。その杉が現代人を苦しめるようになった理由は何か?第1線の疫学者が、杉花粉症を例に、文明と病気の変容を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 杉花粉症の謎を追って
  • 第1章 杉花粉症とはどんな病気か?(患者発生の実態をつかむ-血清疫学からのアプローチ
  • 花粉症はアレルギー病
  • なぜ患者が増えたのか
  • 花粉症を起こす植物
  • 杉花粉の舞う時)
  • 第2章 杉の博物学(杉と江戸の都市文明
  • 箱根杉並木と西洋人博物学者)
  • 第3章 文明とアレルギー病(都市と伝染病
  • 文明病としてのアレルギー)
  • 終章 文明と疾病の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明とアレルギー病 : 杉花粉症と日本人
著作者等 井上 栄
書名ヨミ ブンメイ ト アレルギービョウ
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 4062058359
NCID BN0772287X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93003152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想