森の水音をきく

丹地敏明 著

光が躍り、風が舞う。滝水と瀬音の合唱が森を渡る。そんな渓谷や峡谷には生命の競演もある。だから足繁く通う。フジTV『スーパータイム』の特報班も合流しての撮影行。耳を澄まし、目を凝らして求めた"谷"の鼓動と豊かさ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 深き渓に水躍る-大杉谷
  • 第2章 人の温もりが-抱返り渓谷・小安峡
  • 第3章 イワナ棲む細流-根倉谷
  • 第4章 曲線を流れ伝う滝々-由布川渓谷
  • 第5章 湧き水が流れに-菊池渓谷
  • 第6章 水のない渓谷-苔の洞門
  • 第7章 風渡る渓に名花が-鹿川渓谷・尾鈴山瀑布群
  • 第8章 雪輪の滝のかかる渓-滑床渓谷
  • 第9章 地球の息遣いを聞く-手取渓谷・岩間噴泉塔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森の水音をきく
著作者等 丹地 敏明
書名ヨミ モリ ノ ミズオト オ キク
シリーズ名 ネイチャーブックス
出版元 世界文化社
刊行年月 1992.6
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4418925090
NCID BN07722213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92048955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想