女性史は可能か

ミシェル・ペロー 編 ; 杉村和子, 志賀亮一 監訳

フランスにおける女性史研究の成果を踏まえ、歴史的視点を本質から変える可能性、女性史のあり方を模索。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最近三年間の女性史
  • 女性史のとり組みとその成果
  • 中世学者、女性、時系列研究
  • 年代設定と女性史
  • 女性史のための聴きとり資料
  • 身体史は女性史にとって必要なまわり道か?
  • 肉体・死体・テクスト
  • 性差、歴史、人類学、そして古代ギリシアのポリス
  • 男性/女性-歴史叙述における性による役割分担の意味
  • 「喪に服す性」と十九世紀の女性史
  • 嫁入り道具は、女性固有の文化か?
  • フェミニズムの特異性
  • 女性、権力、歴史
  • フランスにおける「女性史」の二十年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性史は可能か
著作者等 Perrot, Michelle
国領 苑子
志賀 亮一
杉村 和子
次田 健作
藤本 佳子
伊藤 はるひ
ペロー ミシェル
書名ヨミ ジョセイシ ワ カノウ カ
書名別名 Une histoire des femmes,est-elle possible?
出版元 藤原書店
刊行年月 1992.5
ページ数 435p
大きさ 20cm
ISBN 4938661497
NCID BN07713813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92046234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想