新民法講義  3

乾 昭三;荒川 重勝【編】

民法典の編別にこだわらず、契約・不法行為・不動産・金融・家族など日常生活にそくしたまとまりで民法を有機的に学べるよう工夫をこらして構成された新しいテキストシリーズ。本巻は土地・建物の所有、利用、売買をめぐる法を対象とする。初版以降の新判例や平成3年に成立した借地借家法を織り込んだ第2版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総説(近代的所有権の特質
  • 物権と債権
  • 物権の客体
  • 物権的請求権
  • 占有訴権)
  • 第2章 物権の変動(物権変動の諸原因
  • 意思表示にもとづく物権変動
  • 登記
  • 不動産物権変動と公示の原則
  • 動産物権変動と公信の原則
  • 明認方法)
  • 第3章 不動産利用法(総説
  • 宅地利用権<借地権>
  • 農地利用権
  • 建物利用権)
  • 第4章 共同所有の諸形態(総説
  • 共有
  • 建物の区分所有)
  • 資料 借地借家法と旧法の新旧対照条文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新民法講義
著作者等 乾 昭三
荒川 重勝
書名ヨミ シン ミンポウ コウギ
書名別名 不動産法 : 第2版

Shin minpo kogi
シリーズ名 有斐閣ブックス
巻冊次 3
出版元 有斐閣
刊行年月 1992.4
版表示 第2版
ページ数 292, 8p
大きさ 22cm
ISBN 464108498X
NCID BN07696791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92046110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想