モースの贈り物 : 甦る100年前の日本

ジョン・セイヤー 他著

明治10年に来日し、大森貝塚を発見したモース。日本の文化を深く愛し、3万点を超える貴重な日本の民具をアメリカに持ち帰り、保存した。その偉業を称える7人が、秀逸なモース論を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜいまモースなのか-博物学の過去・現在・未来
  • モースの偉大さ
  • モースと江戸・東京
  • モースの時代-明治初期の日本と日本人
  • 日本におけるモース
  • モースの考古学と民族学
  • セイラム・ピーボディー博物館とその揺籃期
  • モース関連年表
  • もっとモースを理解しようとする人のために-参考文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モースの贈り物 : 甦る100年前の日本
著作者等 Thayer, John E
守屋 毅
セイヤー ジョン・E.
書名ヨミ モース ノ オクリモノ
出版元 小学館
刊行年月 1992.5
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4093580227
NCID BN07696576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92041666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想