経済観測

アルフレッド・ソーヴィー 著 ; 松岡孝児 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき / p3
  • 序言 / p7
  • 意思のない経済と《自由主義の暴君》 / p7
  • 勘の代りに熟考するということがとりあげられるようになった / p9
  • 第一章 景気の定義とその役割 / p11
  • 《景気》とは何か / p11
  • 景気の役割 / p13
  • 第二章 景気以前から企画への展開 / p17
  • 循環の発見と相場の予測 / p17
  • ハーヴァードとその三市場 / p19
  • フランスにおける恐慌予測 / p21
  • 現状 / p23
  • 第三章 景気研究所 / p24
  • 景気の登場 / p24
  • 両大戦間の海外事情 / p24
  • フランスにおける景気論 / p27
  • フランスにおける景気研究所 / p29
  • 海外における研究所 / p30
  • 第四章 事実から活動への一般図式 / p32
  • 第五章 統計手段 / p35
  • 測定についての定義 / p35
  • 測定の正確さ / p38
  • 当初の誤差と最終の正確さ / p39
  • 基礎的要素と集団統計 / p42
  • 一般的利益と個人的偏見 / p42
  • 利用 / p44
  • 第六章 主要な経済統計 / p45
  • 第七章 素系列からバロメーターへの展開 / p49
  • 四つの基礎的変動 / p50
  • 指数 / p52
  • 合成バロメーター / p53
  • 図表による表現 / p54
  • 第八章 統計外の情報 / p56
  • 事実 / p56
  • 調査 / p58
  • 結語 / p62
  • 第九章 診断 / p63
  • 記述による診断 / p63
  • 説明による診断 / p66
  • 第十章 連続性および偶発性から見た予測 / p74
  • 連続性における予測 / p77
  • 偶発性における予測 / p79
  • 均衡の安定性 / p81
  • 物および人間にかんする予測 / p83
  • 予測の事実に及ぼす影響 / p85
  • 第十一章 経済予測の学説的根拠 / p87
  • 二つの会計 / p87
  • 二つの会計の相互的影響 / p90
  • 不均衡と慣習 / p93
  • 第十二章 統制経済における予測と恐慌にたいする予測 / p98
  • 予測と経済体制 / p98
  • 統制経済における予測 / p99
  • 循環の予測と恐慌の予測 / p104
  • 部分の予測と連続の予測 / p110
  • 結語 / p112
  • 第十三章 相場予測と財産管理 / p114
  • 第十四章 景気と世間 / p119
  • 道徳的制約 / p119
  • 景気と世論 / p122
  • 景気と国家権力 / p133
  • 景気と私益 / p135
  • 結論 / p139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済観測
著作者等 Sauvy, Alfred
松岡 孝児
アルフレッド・ソーヴィー
書名ヨミ ケイザイ カンソク
書名別名 Keizai kansoku
シリーズ名 文庫クセジュ ; 第106
出版元 白水社
刊行年月 1953
ページ数 144p
大きさ 18cm
NCID BN07695675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53006769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想