福沢諭吉

桑原三郎 著

1835年大阪の中津藩蔵屋敷に生れた福沢諭吉は、1855年緒方洪庵の適塾に入門して蘭学を学び、後、横浜において英学の重要性を痛感、1860年咸臨丸で渡米した。帰国後幕府に雇われ欧州各国を回り見聞を広め、その時受けた感銘が、『西洋事情』や『学問のすゝめ』などの著作の執筆、そして慶応義塾の創設となって開花する。本書は福沢諭吉の思想に魅せられた筆者が、新しい知見を随所に盛り込みながらその足跡をたどり、類書にない視点から福沢の人間観と人間愛を紹介したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 父の遺風と母の感化-父母の行状正しからざるべからず 『中津留別の書』
  • 2 青年福沢が出会った人と学問-真理原則と人の貴賎
  • 3 19世紀半ばの世界-文明の西洋と半開のアジア
  • 4 アジアの迷妄からの脱却-中華・神州思想の否定
  • 5 似我の主義の教育-人の上に立たず人の下に立たず
  • 6 重層的人間観と人間愛-言葉と心の関係
  • 7 大院君と閔妃、金玉均-「脱亜論」の真意をめぐって
  • 8 最大多数の最大幸福-文明発達の視点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福沢諭吉
著作者等 桑原 三郎
書名ヨミ フクザワ ユキチ
書名別名 その重層的人間観と人間愛
シリーズ名 丸善ライブラリー 48
出版元 丸善
刊行年月 1992.5
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4621050486
NCID BN07693603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92047450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想