全国鉄道事情大研究  群馬・栃木篇

川島令三 著

東北線は長大編成でダラダラと走らせるのではなく、短い編成にして頻繁運転を行うべきだ。伊勢崎線の半蔵門線直通を倍増せよ。東武日光線は池袋・新宿方面とのアクセスをよくせよ…などなど、路線ごとに改善すべき点をズバリ指摘。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • JR東北線(大宮-黒磯)-短編成にして頻繁運転を行え
  • JR両毛線-東北・高崎線との直通をもっと増やせ
  • JR日光線-日光観光用路線として再び活用すべきだ
  • JR烏山線-高性能の気動車に置き換えよ
  • 東武伊勢崎線-半蔵門線直通を倍増せよ
  • 東武亀戸線-下町の足がわりとして親しまれている
  • 東武大師線-もしも東上線と結ばれていたら?
  • 東武佐野線-浅草までの直通快速の運転を
  • 東武桐生線-上毛電鉄との直通を復活せよ
  • 東武小泉線-昼間時が1時間毎では長すぎる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全国鉄道事情大研究
著作者等 川島 令三
書名ヨミ ゼンコク テツドウ ジジョウ ダイケンキュウ
巻冊次 群馬・栃木篇
出版元 草思社
刊行年月 2004.3
ページ数 245p
大きさ 19cm
ISBN 4794212917
NCID BN07692280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20570991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想