結晶と煙のあいだ

アンリ・アトラン [著] ; 阪上脩 訳

幼時にユダヤ教の洗礼を受け、大戦中の受難の時期を経て生物学者となった著者が、生物体の自己組織化(排除されるノイズを介した秩序の形成)を論じつつ遺伝、情報理論、カタストロフィ理論を縦横に展開し、人類学、社会学、精神分析などへの応用の道をひらく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 結晶と煙
  • 第1部 無秩序と組織化 ノイズによる複雑さ
  • 第2部 魂、時間、世界
  • 第3部 近くにあるものと次にくるもの
  • 第4部 信仰、法則、自由意志、所属

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 結晶と煙のあいだ
著作者等 Atlan, Henri
阪上 脩
アトラン アンリ
書名ヨミ ケッショウ ト ケムリ ノ アイダ
書名別名 Entre le cristal et la fumée

生物体の組織化について

Kessho to kemuri no aida
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 366
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.6
ページ数 358, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4588003666
NCID BN07680259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92049285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想