統合大欧州 : 現地はどう変わったか

さくら銀行欧州部 著

欧州において現在注目すべき二つの大きな流れは、活発化するEC統合への動きと、東欧の経済改革である。この二つの流れは、EC周辺諸国のECへの接近と、東欧の市場経済への回帰という経路をたどって、欧州諸国を一つの経済圏とする「大欧州」の形成に向かうこととなろう。この大欧州の魅力はどの程度のものなのか、また、変革過程にある東欧などは大欧州の中でどのように位置づけられるのか、そして大欧州はさらにどのような方向に進むのであろうか。東欧の崩壊、ドイツの統一、旧ソ連の解体。激しく変貌する大欧州の統合への熱気を、現地に見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 進展する統合
  • 第2章 大欧州への展開
  • 第3章 日本企業の動き
  • 第4章 ドイツはどう変ったか
  • 第5章 大欧州各国の情況

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統合大欧州 : 現地はどう変わったか
著作者等 さくら銀行
さくら銀行欧州部
書名ヨミ トウゴウ ダイオウシュウ
シリーズ名 講談社ビジネス
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4061972480
NCID BN07676240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想