近世農村社会の研究

児玉幸多 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編
  • 一、 近世初頭の農村に関する一考察 / p2
  • 二、 近世に於ける新村落成立の過程 / p43
  • --その一例としての丹波広河原村--
  • 三、 村落社會の組成 / p59
  • --家格の成立--
  • 四、 江戶時代農村に於ける家族成員の問題 / p99
  • --特に二男以下に就いて--
  • 五、 近世の出作に就いて / p120
  • 六、 近世における村の財政 / p150
  • 第二編
  • 一、 飛騨白川村の大家族制度とその經済的基礎 / p194
  • 附、大家族制度の新資料
  • 二、 近世農村の大家族制度 / p266
  • 三、 淸良記に関する新資料の発見 / p286
  • 附、淸良記について
  • 四、 神社の特殊慣行の研究 / p309
  • 五、 賀茂別雷神社の往来田制度 / p322
  • 六、 仙臺藩の持高制限令と貫文制 / p374
  • 七、 山田松齋伝 / p385
  • 八、 有封に入る / p412
  • 第三編
  • 一、 わが町村制度の発達 / p424
  • 二、 鹿児島県の町村制度 / p441
  • 三、 町村制実施と分村問題 / p464
  • --愛媛県の例--
  • 四、 秋田県の山林地租改正 / p490
  • 五、 明治八年の美濃国民俗調査 / p509
  • 六、 農村社會生活の一面 / p527
  • --明治の鹿児島県下の例--

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世農村社会の研究
著作者等 児玉 幸多
書名ヨミ キンセイ ノウソン シャカイ ノ ケンキュウ
書名別名 Kinsei noson shakai no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1953
版表示 オンデマンド版
ページ数 561p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-73000-6
NCID BB25680121
BN07661425
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54001118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想