「いのち」をまもる : 感染症・がん・免疫

大阪大学微生物病研究所 編

「がん」、それはたった一つの遺伝子の誤りが原因とも。いま、がんや免疫はどこまで解明されているのか、などなど。ワクチンの開発から遺伝子の研究まで、感染症との闘いに端を発した生命科学の多彩な姿を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ミクロへの挑戦(ミクロへの挑戦-感染症との闘い
  • 下痢と食中毒
  • 結核との闘い
  • ハンセン病ゼロの日を目指して
  • 毒素が起こす子供の病気、大人の病気
  • 寄生虫-狡猾なインベーダー
  • 実験動物からの感染)
  • 2 感染症根絶への道(毒をもって毒を制す
  • 免疫、その不思議なはたらき
  • エイズ制圧への道
  • ワクチンの生い立ちと未来)
  • 3 いのちの設計図・遺伝子を考える(いのちの設計図
  • 遺伝子を操る-生命のしくみ解明へのアプローチ
  • 遺伝子治療のはなし)
  • 4 癌は征服できるか(癌と遺伝子
  • 癌の化学療法
  • 血液の癌
  • 癌と免疫-癌ワクチンへの期待)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「いのち」をまもる : 感染症・がん・免疫
著作者等 大阪大学微生物病研究所
書名ヨミ イノチ オ マモル
書名別名 Inochi o mamoru
出版元 化学同人
刊行年月 1992.5
ページ数 286p
大きさ 21cm
ISBN 4759802290
NCID BN0766139X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93014850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想