竹柏漫筆

佐佐木信綱, 佐佐木雪子 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 國歌君が代と正月元日讀歌 / 1
  • 長慶天皇御在位確認の史料に就いて / 4
  • 一丁の墨と一葉の献立表 / 6
  • 古今傳授と萬國海律全書 / 8
  • 茂睡がものがたり / 14
  • 賴山陽の歌の短册 / 29
  • 六浦の入江 / 33
  • 平安朝の文獻にあらはれたる母性愛 / 37
  • 二先生の恩 / 43
  • 「ゼネバ湖畔より」の後に / 46
  • 友人某に答ふる書 / 48
  • 移動文庫 / 52
  • 今年の秋 / 54
  • 古文獻の湮滅とその保存に就いて / 57
  • 新年言志 / 65
  • 屋上庭園と春季大會 / 66
  • 精進の一路 / 69
  • 技藝天の頌宴 / 71
  • 大和の國と若い歌人 / 73
  • 甲斐國と和歌 / 74
  • 三重縣と偉人 / 75
  • 新しき年を迎へて / 77
  • 「西行と靜」の上場について / 79
  • 古市油屋の年季證文 / 83
  • 鞍馬寺の勸進帳 / 85
  • 熊谷直好の書牘 / 88
  • 水蓼 / 90
  • 萬葉時代に於ける女性 / 95
  • 大川の水 / 101
  • 旭川の夜 / 103
  • 沼波君と岡田博士 / 104
  • 跡見花蹊刀自と歌 / 106
  • 碑文三種 / 111
  • 吾が父 / 114
  • 草とりの鏝 / 119
  • 山びこ / 121
  • 大學に對する希望 / 121
  • 過去と將來 / 124
  • 幕末の二名家 / 125
  • 文章觀に答ふ / 126
  • 故鄕の印象 / 127
  • 九條夫人の印象 / 128
  • 自然觀につきて / 132
  • 好きな夏の料理 / 133
  • 讀みもてゆきつつ / 133
  • 曲亭翁の書簡 / 134
  • 田越川のほとり / 135
  • 千葉縣の老農 / 136
  • 文藝のたしなみ / 137
  • 口譯宇治拾遺物語 / 138
  • 詩歌に對する熱愛 / 139
  • 船長ブラスパオンドの改宗 / 141
  • 葡萄の根 / 142
  • 逍遙博士の近業 / 143
  • 文祿舊譯伊曾保物語 / 144
  • 哲人何處にありや / 145
  • 應接室におかれる本 / 146
  • 井手曙覽の書簡 / 147
  • 哲人の筆蹟 / 148
  • 演說 / 149
  • 鎌倉より / 150

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 竹柏漫筆
著作者等 佐佐木 信綱
佐佐木 雪子
書名ヨミ チクハク マンピツ
出版元 実業之日本社
刊行年月 昭和3
ページ数 389p 肖像
大きさ 19cm
NCID BN0765833X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47007075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想