日ソ諜報戦の軌跡 : 明石工作とゾルゲ工作

黒羽 茂【著】

日ソ諜報戦の軌跡。スパイ作戦の本質を描く話題作。明石元二郎大将遺稿『落花流水』を全掲載。激動の歴史の舞台裏をここに解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 諜報の概念(諜報とはなにか
  • 暗号の由来
  • 暗号の構造
  • 解読された暗号の行方
  • 最近のアメリカにおける諜報活動の軌跡)
  • 第2部 日露戦争と明石工作(日露戦争と明石工作との関係
  • 明石元二郎大将の履歴書
  • 基本史料『落花流水』)
  • 第3部 太平洋戦争とゾルゲ工作(ゾルゲ事件とはなにか
  • ゾルゲ諜報活動の光と影
  • ゾルゲ工作のもたらしたもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日ソ諜報戦の軌跡 : 明石工作とゾルゲ工作
著作者等 黒羽 茂
書名ヨミ ニツソチヨウホウセンノキセキ : アカシコウサクトゾルゲコウサク
出版元 日本出版放送企画;星雲社
刊行年月 1991.11.1
ページ数 189p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4795253242
NCID BN07653405
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想