無脊椎動物の生体防御

名取俊二 ほか編

本書は、無脊椎動物の生体防御を総論として進化・発生の側面からもとらえ、ついで体液中の防御因子を中心にその機構を詳説し、さらに軟体動物、棘皮動物、原索動物などの無脊椎動物に特有な問題を論じて魚類にまで及ぶ構成となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生体防御とは(生体防御概論
  • 免疫系の進化
  • 発生と生体防御)
  • 2 系統発生における生体防御系(免疫担当細胞の進化
  • 生体防御に関わる体液性因子
  • 生体防御としての体液凝固
  • フェノール酸化酵素前駆体カスケード)
  • 3 無脊椎動物から下等脊椎動物までの生体防御(軟体動物
  • 貝類
  • 棘皮動物
  • 甲殻類
  • 昆虫の細胞性防御反応
  • 昆虫の体液性防御反応
  • 原索動物<ホヤ>
  • 魚類)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無脊椎動物の生体防御
著作者等 名取 俊二
村松 繁
野本 亀久雄
水産無脊椎動物研究所
芦田 正明
古田 恵美子
書名ヨミ ムセキツイ ドウブツ ノ セイタイ ボウギョ
出版元 学会出版センター
刊行年月 1992.5
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 4762256897
NCID BN07639481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想