貿易論

赤松要 著

[目次]

  • 目次
  • 第一編 貿易の実体
  • 第一章 貿易取引と貿易実務 / p3
  • 第一節 貿易の意味 / p3
  • 第二節 貿易の実務 / p10
  • 第二章 貿易統計とその比較 / p24
  • 第一節 貿易統計と貿易指数 / p24
  • 第二節 貿易と国民経済 / p36
  • 第三節 世界貿易と地域貿易 / p47
  • 第三章 国際収支 / p57
  • 第一節 商品貿易 / p57
  • 第二節 貿易外取引 / p67
  • 第三節 国際収支 / p75
  • 第四章 外国為替 / p86
  • 第一節 外国為替の仕組み / p86
  • 第二節 外国為替の相場 / p95
  • 第三節 外国為替と貨幣制度 / p107
  • 第二編 貿易の理論
  • 第五章 古典派の貿易理論 / p121
  • 第一節 国際分業と貿易 / p121
  • 第二節 比較生産費説(リカード) / p128
  • 第三節 国際価値論(J・S・ミル) / p136
  • 第六章 貿易の近代理論 / p145
  • 第一節 代替費用説と貿易(ハバラー) / p145
  • 第二節 均衡理論と貿易(オリーン) / p154
  • 第三節 国民所得と貿易(ハロッド) / p159
  • 第七章 国際均衡化の理論 / p173
  • 第一節 外国為替の理論 / p173
  • 第二節 古典派の国際均衡化論 / p180
  • 第三節 近代的な国際均衡化論 / p187
  • 第八章 世界経済の構造理論 / p201
  • 第一節 世界経済の構造 / p201
  • 第二節 後進国開発と先進国の立場 / p211
  • 第三編 貿易の政策
  • 第九章 国際貿易と貿易政策 / p223
  • 第一節 自由貿易と保護貿易 / p223
  • 第二節 国際貿易の機構と政策 / p235
  • 第十章 産業貿易の発展政策 / p242
  • 第一節 関税政策 / p242
  • 第二節 通商条約 / p251
  • 第三節 直接的な貿易振興策 / p258
  • 第十一章 貿易の均衡政策 / p265
  • 第一節 経済不況と縮小均衡 / p265
  • 第二節 協定貿易による拡大均衡 / p272
  • 第三節 貿易均衡の金融政策 / p280
  • 第十二章 貿易の構造政策 / p286
  • 第一節 構浩的不均衡と貿易政策 / p286
  • 第二節 貿易の国際政策と世界政策 / p299
  • 第三節 日本経済の動向と貿易政策 / p309
  • 参考文献 / p330
  • 索引 / p340

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 貿易論
著作者等 赤松 要
書名ヨミ ボウエキロン
出版元 中央経済社
刊行年月 1958
ページ数 340p
大きさ 22cm
NCID BN0763385X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想