生物たちの不思議な物語 : 化学生態学外論

深海浩 著

化学の呪文をとなえると見えてくる見えてくる生物たちの謎また謎。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 生物の関係を化学の目で見れば-ドードー絶滅の謎
  • 第2話 愛のささやきにもいろいろ-昆虫の性フェロモン
  • 第3話 植物の毒で身をまもる生物-アセビとヒョウモンエダシャクの奇妙な関係
  • 第4話 植物の汁にくびったけ-ジャコウアゲハ産卵の謎
  • 第5話 刺激と抑制、それは巧妙なメカニズム-チョウの産卵阻害物質
  • 第6話 生物は化学物質から逃れられない-ジャコウアゲハの神秘にみちた一生
  • 第7話 共進化という見えない糸-マメゾウムシの超能力
  • 第8章 自然界は常にゆらいでいる-クローバーとカタツムリとの遭遇
  • 第9話 生物進化の現場を見た人はいない-<20世紀>ナシに感染する不思議なカビ
  • 第10話 自然はそう簡単に素顔を見せない-テントウムシの奇怪な行動
  • 第11章 植物は生物にとって八百屋か薬屋か-虫たちのなんとも解せない話
  • 第12章 汲めどもつきぬ生物の謎-ヘアペンシルに隠されたチョウの生態
  • 第13話 化学物質だけが能じゃない-音や光で交信する雄と雌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物たちの不思議な物語 : 化学生態学外論
著作者等 深海 浩
書名ヨミ セイブツタチ ノ フシギナ モノガタリ
書名別名 Seibutsutachi no fushigina monogatari
出版元 化学同人
刊行年月 1992.7
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4759802371
NCID BN07631843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93000517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想