地球の音楽誌 : 神々の音、人々の音

西岡信雄 著

日本で初の銅鐸演奏者として知られる著者のミュージック・フィールドノート。石笛、人骨笛、竹琴、口琴、ホラ貝、チャルメラからピアノ、チェンバロ、リコーダー、オルゴールにカラオケまで登場する音楽的文明論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弥生の土笛
  • "天理の笛"事件
  • 石ころの歌
  • 神々を語る笛-メキシコ
  • 死霊を呼ぶ人骨ラッパ
  • 鼻息の音楽
  • 摩訶不思議びやぼん
  • 三味線西遊記の結末
  • 法螺吹き譚
  • 人形たちのシンフォニー
  • 小鳥と人間の関係
  • 1人で、1度に、たくさんの音〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球の音楽誌 : 神々の音、人々の音
著作者等 西岡 信雄
書名ヨミ チキュウ ノ オンガクシ
出版元 大修館書店
刊行年月 1992.4
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 4469211729
NCID BN07630115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92048173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想