朝鮮史研究

内藤雋輔 著

[目次]

  • 目次
  • 矢野博士序
  • 前編
  • 第一章 高麗の大學國師に関する研究 / p1
  • 一 根本史料の批判 / p1
  • 二 傳記 / p7
  • 三 國師の性情に就いて / p35
  • 四 業績 / p37
  • 五 國師の法弟に就いて / p67
  • 附 大學國師年譜 / p72
  • 参考書目 / p77
  • 第二章 高麗風俗に及ぼせる蒙古の影響に就いて / p81
  • 第三章 高麗驛傳考 / p118
  • 第四章 高麗兵制管見 / p182
  • 一 高麗兵制の沿革に関する一私見 / p182
  • 二 高麗末に於ける蒙古風の兵制に就いて / p212
  • 三 麗末に於ける蒙古風以外の兵制に就いて / p263
  • 第五章 高麗時代の重房及び政房に就いて / p274
  • 第六章 高麗時代の盬法に就いて / p296
  • 第七章 高麗時代の鷹坊に就いて / p308
  • 一 中國に於ける鷹坊の発達 / p308
  • 二 高麗時代の鷹坊に就いて / p319
  • 後編 / p334
  • 第八章 新羅人の海上活動に就いて / p334
  • 一 日本との交渉 / p360
  • 二 唐に於ける新羅人の活動 / p360
  • 三 結語 / p365
  • 第九章 朝鮮支那間の航路及び其の推移に就いて / p367
  • 緒言 / p367
  • 第一節 北支那航路 / p369
  • 一 記憶に見える北方航路 / p369
  • (い)賈耽道里記に見える遼海航路 / p369
  • (ろ)宋史高麗傳に見える北方航路 / p375
  • 二 北方航路の沿革 / p377
  • (い)古朝鮮時代 / p377
  • (ろ)三國分立時代 / p386
  • (は)新羅統一時代と商人の來往 / p400
  • (に)高麗時代の北路 / p410
  • 第二節 南支那航路 / p418
  • 一 北方経由の南支那航路 / p419
  • (い)王氏高麗以前の航路 / p419
  • (ろ)王氏高麗時代の航路 / p434
  • 二 宣和奉使高麗圖經に見える南方航路 / p447
  • 三 南方航路の沿革 / p453
  • (い)王氏高麗以前の南方航路 / p453
  • (ろ)王氏高麗時代の南方航路 / p460
  • 第十章 唐代中國における朝鮮人の活動に就いて / p481
  • 一 唐に於ける高勾麗遺民 / p481
  • 二 百濟遺民と唐 / p492
  • 三 新羅人の海上活動 / p493
  • 第十一章 李朝末期における二、三の日本紀行に就いて / p511
  • 一 滄槎紀行 / p511
  • 二 泛槎錄 / p529
  • 三 尹孝定手記 / p542
  • 第十二章 李朝史料による日鮮航路に就いて / p549
  • 一 はじめに / p549
  • 二 史料とその解説 / p553
  • 三 航路一覧 / p567
  • (A)往路 / p567
  • (B)回路 / p576
  • 四 地名の考証 / p583
  • 五 結語 / p599
  • 航路及び寄迫地一覧表 / p599
  • 結語 / p600
  • 附圖 李朝史料に見える日鮮航路要地圖 / p603
  • 後語 / p604
  • 索引(巻末逆頁)
  • 欧文目次

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 朝鮮史研究
著作者等 内藤 雋輔
東洋史研究会
書名ヨミ チョウセンシ ケンキュウ
シリーズ名 東洋史研究叢刊 ; 第10
出版元 東洋史研究会
刊行年月 1961
ページ数 607, 22p 図版 地図
大きさ 22cm
NCID BN07628463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62004902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想