体験的放送論

春日由三 著

[目次]

  • 目次
  • 体験的放送論
  • 「ラジオ」は消えない / p7
  • -テレビ・ラジオの併立時代-
  • 〝配列〟からの脱出 / p21
  • -戦前・戦後の番組編成-
  • 編成の役割りと進路 / p37
  • -商放誕生から今後のありかた-
  • 番組誕生 / p51
  • -企画・脚本・演出-
  • "臨場感"にみる可能性 / p68
  • -教育・教養番組の軌跡-
  • 世界の眼の焦点へ / p89
  • -伝統的教育への警鐘-
  • 〝電波ジャーナリズム〟 / p109
  • -その受難の歴史と将来-
  • 大衆の選ぶものとしての芸能放送 / p129
  • -既成芸能から独自の創造へ-
  • 硬軟タレント考 / p149
  • -「出演者」から「大衆参加」まで-
  • アナウンサーは無用か / p170
  • -話しことばとアナウンスメント-
  • 放送人 / p191
  • -あたらしい時代のジャーナリスト-
  • プラーゲ旋風から三十五年 / p209
  • -放送と著作権の優雅な関係-
  • 放送の未来像をさぐる / p227
  • -その課題と責任と-
  • そのとき私は -放送史の断面
  • 「兵に告ぐ」放送 / p251
  • -二・二六事件と報道体制-
  • 占拠された放送局 / p259
  • -終戦と放送-
  • 「真相はこうだ」の真相 / p267
  • -CIE監督下の放送-
  • 選挙放送はじまる / p275
  • -占領下放送の綱渡り-
  • 「歳末たすけあい」の誕生 / p282
  • -機上でひろったヒント-
  • 昭和二十八年二月一日 / p289
  • -テレビ本放送への秒読み-
  • 大型時代劇の路線をきめる / p297
  • -<花の生涯>から<源義経>へ-
  • 放送波をとらえよ / p304
  • -<新潟地震>と放送-
  • 「紅白を爆破する!」 / p313
  • -<紅白歌合戦>秘話-
  • その日午前五時二十七分 / p320
  • -初のテレビ宇宙中継とケネディ暗殺-
  • あとがき / p327
  • 春日由三君と「体験的放送論」 / p329

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 体験的放送論
著作者等 春日 由三
書名ヨミ タイケンテキ ホウソウロン
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1967
ページ数 331p
大きさ 19cm
NCID BN07624167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67004029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想