近代天皇像の形成

安丸良夫 著

社会秩序の要として今日も機能し続ける天皇制。この天皇制をめぐるイメージの大部分は、近代国家の形成期である明治維新をはさむ約100年間に作り出された。その生成と展開の過程を、思想史の手法によって、具体的な史料に即して分析。近年の研究を体系的に総合して書き下ろされた本書は、近代天皇制の本質を鮮やかに解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 課題と方法
  • 第2章 近世社会と朝廷・天皇
  • 第3章 民俗と秩序との対抗
  • 第4章 危機意識の構造
  • 第5章 政治カリスマとしての天皇
  • 第6章 権威と文明のシンボル
  • 第7章 近代天皇像への対抗
  • 第8章 近代天皇制の受容基盤
  • 第9章 コメントと展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代天皇像の形成
著作者等 安丸 良夫
書名ヨミ キンダイ テンノウゾウ ノ ケイセイ
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.5
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 400002731X
NCID BN07618007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92051716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想