ゴルフと日本人

田中義久 著

日本のゴルフ人口は、いまや1500万にものぼる。どんな魅力がこれほどの人をひきつけるのか。また、自然環境の破壊、金権・利権まみれの現状をどう考えるべきか。本場スコットランドでその醍醐味にふれた社会学者が、人間的なドラマに満ちた英米の歴史をたどりつつ、現代日本におけるゴルフ文化の歪みを衝き、その再生を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに セント・アンドリュースの風
  • 1 大衆化への道(イギリスのゴルフ
  • アメリカのゴルフ
  • 日本のゴルフ-その曙)
  • 2 現代日本のゴルフ(大衆社会化と第一次ブーム
  • 私生活主義と第二次ブーム
  • 自然環境と第三次ブーム)
  • 3 批判のなかのゴルフ(環境破壊とゴルフ
  • 日本経済とゴルフ
  • ゴルフと人間)
  • おわりに オーガスタへの夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルフと日本人
著作者等 田中 義久
書名ヨミ ゴルフ ト ニホンジン
書名別名 Gorufu to nihonjin
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.5
ページ数 240, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004302269
NCID BN07605446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想