酸性雨

石弘之 著

森林が突然枯死し、湖から魚たちが消え、自由の女神が溶けていく…。いまや酸性雨は欧米のみならず日本や中国、アフリカ、さらには北極海まで世界中に降り注ぎ、深刻な被害をもたらしている。90数ヵ国を訪れた著者が現状を報告し、同時に酸性雨に立ち向かう市民運動の活躍を伝える。私たちの生活を問い直させずにはおかない1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東欧の激害地帯を行く
  • 2 酸性雨100年の歴史
  • 3 死滅する北欧の湖沼
  • 4 大気内の化学工場
  • 5 欧州全域に広がる被害
  • 6 北米の越境汚染
  • 7 発展途上国の空からも
  • 8 北極圏、そして熱帯で
  • 9 蝕まれる日本の自然
  • 10 対策に立ち上がる世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酸性雨
著作者等 石 弘之
書名ヨミ サンセイウ
書名別名 Sanseiu
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.5
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 4004302307
NCID BN07605220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050749
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想