本居宣長

子安宣邦 著

戦前、戦後の激動を通して、日本の文化史・思想史上、宣長ほど高い評価をもって生きつづけてきた人物も珍しい。「日本とは何か」「日本人とは何か」が問われるとき、ほとんどつねに宣長は再生する。それは一体なぜなのか。生涯の半ばを費して完成させた『古事記伝』を徹底的に読み直すことによって、この問題の核心に迫ってゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ宣長か、なぜ『古事記伝』か
  • 第1章 「始まり」の物語
  • 第2章 『直毘霊』と「皇国」像の形成
  • 第3章 美しき「口誦のエクリチュール」
  • 第4章 天地の「初め」の物語
  • 第5章 神をめぐる言説
  • 第6章 新たな「神代の再・語り」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本居宣長
著作者等 子安 宣邦
書名ヨミ モトオリ ノリナガ
書名別名 Motoori norinaga
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.5
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4004302277
NCID BN07605038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想