マス・コミュニケーション効果研究の展開

田崎篤郎, 児島和人 編著

[目次]

  • 第1章 マス・コミュニケーション効果研究小史(マス・コミュニケーション効果研究の推移
  • 効果モデルと受け手イメージの変遷)
  • 第2章 初期の代表的研究(「コミュニケーションの流れ」研究
  • 「利用と満足」の研究
  • 説得的コミュニケーション研究
  • マス・コミュニケーション効果についての一般化)
  • 第3章 新効果論(マス・メディアの「議題設定機能」仮説
  • 「沈黙の螺旋状過程」仮説
  • 情報処理アプローチ-スキーマ理論の適用
  • 「知識ギャップ」仮説
  • 「培養分析」
  • 批判的「受け手研究」)
  • 第4章 効果研究の今後の課題(多様な効果論の底流と新たな展開
  • 効果研究の今後の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マス・コミュニケーション効果研究の展開
著作者等 児島 和人
田崎 篤郎
書名ヨミ マス コミュニケーション コウカ ケンキュウ ノ テンカイ
出版元 北樹
刊行年月 1992.5
ページ数 133p
大きさ 22cm
ISBN 4893842676
NCID BN07575221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想