斑鳩の白い道のうえに

上原和 [著]

斑鳩の白い道のうえを、黒駒を駆って戦さに赴く聖徳太子。若き日の多感な太子の"血塗られし手"の経験こそ彼の人生の原点とみる著者は、同時に法隆寺創建や勝鬘経講経など、深く仏教に帰依した太子の姿を玉虫厨子に描かれてある「捨身飼虎」図と重ね合わせて、そこにまぎれもない捨身の思想を見出す。東アジア未曾有の歴史の転換期を生きた一人の古代知識人の華麗にして哀切な運命を描いた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 斑鳩のこころ
  • 第1章 豊聡耳廐戸皇子
  • 第2章 遍歴の太子
  • 第3章 血塗られし手
  • 第4章 "太子コロニー"の誕生
  • 第5章 廐戸の死
  • 第6章 不死鳥の寺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斑鳩の白い道のうえに
著作者等 上原 和
書名ヨミ イカルガ ノ シロイ ミチ ノ ウエ ニ
書名別名 聖徳太子論
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.5
ページ数 374p
大きさ 15cm
ISBN 4061590235
NCID BN07574025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想