征服戦争は是か非か

セプールベダ [著] ; 染田秀藤 訳

インディオの擁護者ラス・カサス最大の論敵にして、スペインの代表的アリストテレス学者が披瀝する征服戦争是認論の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アポロギア
  • 第二のデモクラテスもしくはインディオに対する戦争の正当原因についての対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 征服戦争は是か非か
著作者等 Sepúlveda, Juan Ginés de
染田 秀藤
Sepulveda Juan Gines de
セプールベダ フワン・ヒネース・デ
書名ヨミ セイフク センソウ ワ ゼ カ ヒ カ
書名別名 Seifuku senso wa ze ka hi ka
シリーズ名 アンソロジー新世界の挑戦 7
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.5
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4000036378
NCID BN0757296X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想