西洋中世の女たち

エーディト・エンネン 著 ; 阿部謹也, 泉真樹子 共訳

従来の法制史・経済史あるいは宗教史などのヨーロッパ中世の歴史学研究においては、女性が中心に据えられることはほとんどなかった。社会史の研究方法が深まるとともに今日まで注目されなかった史料が数多く発掘され、優れた研究が続々登場する。結婚、財産、相続、職業、信仰、家族関係など、どのような社会構造や経済生活の中でどんな生き方を女性たちは強いられ、あるいは選びとってきたのか、時代・地域・文化の差異を分け入ってその実像に迫った労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 中世と私たち
  • 第1章 初期中世-500年から1050年まで(ゲルマン人における女性の地位
  • キリスト教の婚姻観と教会法
  • メロヴィング朝の女たちから
  • 世俗世界と修道院、律院の大貴族の女たち
  • 下女と隷属農民の女たち)
  • 第2章 盛期中世-1050年から1250年まで(女性にとって、都市の生活様式と家族法・相続法の発展がもつ意義
  • 女性の宗教運動
  • 宮廷と騎士の世界の女性)
  • 第3章 後期中世-1250年から1500まで(一般的な枠組みと法的枠組み
  • 中世都市共同体における女性
  • イタリアの状況
  • 政治における女性
  • 農村の女性)
  • 結論 変わるものと変わらないもの、変化のなかで継続してゆくもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋中世の女たち
著作者等 Ennen, Edith
泉 真樹子
阿部 謹也
エンネン エーディト
書名ヨミ セイヨウ チュウセイ ノ オンナタチ
書名別名 Frauen im Mittelalter. 2Aufl

Seiyo chusei no onnatachi
出版元 人文書院
刊行年月 1992.4
ページ数 532p
大きさ 20cm
ISBN 440951024X
NCID BN07558550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92053132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想