粒子物理計測学入門

福井崇時 著

粒子物理計測の検出器、測定器を準備し稼動するのに必要な知識が、基礎である物理現象の説明と共に各種装置の具体例によって修得できるように記述されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物理実験学と粒子物理計測学
  • 2 気体中の電子とイオンの振舞
  • 3 放射線と物質との相互作用
  • 4 いくつかの測定器
  • 5 宇宙線によるいくつかの実験
  • 6 データ処理、誤差、統計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 粒子物理計測学入門
著作者等 福井 崇時
書名ヨミ リュウシ ブツリ ケイソクガク ニュウモン
シリーズ名 共立物理学講座 25
出版元 共立
刊行年月 1992.4
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 4320030516
NCID BN07556690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想