近世日本の民衆文化と政治

渡辺信夫 編

歴史とは民衆の歴史である。地域に根ざした民衆の社会と民俗、政治と文化への関わりから江戸を読み解く。「指切り」に込められた意外な心性、神社縁起の恐るべき秘密、親子喧嘩から家を守る、老人問題、風俗の統制、鎖国観の成立など力作18篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会と民俗(村の指出-「上納と下行の習俗」再考
  • 伝説・縁起・民衆-ヤマトタケル譚と刈田嶺神社の縁起
  • 子供の誓言と仕草-この世と異界の懸橋
  • 近世後期の親子間紛争と村落社会-名主家の日記から
  • 近世家族における扶養と介護-「仙台孝義録」の分析から
  • 近世初期伊勢湾岸村落の家族と婚姻について-寛文6年尾州知多郡師崎村「惣百姓宗門改并寺手形連判帳」の分析を通して)
  • 2 地域と政治(仙台藩民風改革とその背景
  • 飢饉と施行小屋-宝暦飢饉・盛岡藩の場合
  • 文化期の盛岡藩政と民衆
  • 近世前期の山論-出羽国由利郡真木山をめぐる争論から
  • ギリシャ正教の受容と地域の結社-佐沼顕栄会と広通社について)
  • 3 政治と理念(鎖国祖法観の成立過程
  • 幕府法・藩法・給人の法-仙台藩の給人自分仕置一件
  • 仙台藩の職制-「司属部分録」の成立
  • 化政期の幕府代官-竹垣直清
  • 幕府の蝦夷地直轄と宗教政策-蝦夷「三官寺」をめぐって
  • 日露和親条約と幕府の領土観念
  • 開公と攘夷-外圧下の政治対立と国家に関する覚書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本の民衆文化と政治
著作者等 Morris, John Francis
今野 真
佐藤 憲一
大藤 修
守屋 嘉美
平川 新
斎藤 鋭雄
柳谷 慶子
榎森 進
渡辺 信夫
田中 秀和
菊池 勇夫
藤木 久志
藤田 覚
難波 信雄
青山 忠正
青木 美智男
鯨井 千佐登
書名ヨミ キンセイ ニホン ノ ミンシュウ ブンカ ト セイジ
書名別名 Kinsei nihon no minshu bunka to seiji
出版元 河出書房新社
刊行年月 1992.4
ページ数 426p
大きさ 22cm
ISBN 430922217X
NCID BN07544964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92041591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想